summaryrefslogtreecommitdiffstats
path: root/tde-i18n-ja/messages/tdepim/kmailcvt.po
diff options
context:
space:
mode:
Diffstat (limited to 'tde-i18n-ja/messages/tdepim/kmailcvt.po')
-rw-r--r--tde-i18n-ja/messages/tdepim/kmailcvt.po851
1 files changed, 417 insertions, 434 deletions
diff --git a/tde-i18n-ja/messages/tdepim/kmailcvt.po b/tde-i18n-ja/messages/tdepim/kmailcvt.po
index b0fea2ca1b..828d9da969 100644
--- a/tde-i18n-ja/messages/tdepim/kmailcvt.po
+++ b/tde-i18n-ja/messages/tdepim/kmailcvt.po
@@ -8,7 +8,7 @@
msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: kmailcvt\n"
-"POT-Creation-Date: 2014-09-29 12:06-0500\n"
+"POT-Creation-Date: 2018-12-13 20:39+0100\n"
"PO-Revision-Date: 2007-02-21 23:00+0900\n"
"Last-Translator: Yukiko Bando <ybando@k6.dion.ne.jp>\n"
"Language-Team: Japanese <Kdeveloper@kde.gr.jp>\n"
@@ -18,24 +18,80 @@ msgstr ""
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"X-Generator: KBabel 1.10.2\n"
-#: filter_outlook.cxx:28
-msgid "Import Outlook Emails"
-msgstr "Outlook メールをインポート"
+#: _translatorinfo:1
+msgid ""
+"_: NAME OF TRANSLATORS\n"
+"Your names"
+msgstr "Shinichi Tsunoda"
-#: filter_outlook.cxx:30
+#: _translatorinfo:2
msgid ""
-"<p><b>Outlook email import filter</b></p>"
-"<p>This filter will import mails from a Outlook pst-file. You will need to "
-"locate the folder where the pst-file has been stored by searching for .pst "
-"files under: <i>C:\\Documents and Settings</i> in Windows 2000 or later</p>"
-"<p><b>Note:</b> Emails will be imported into a folder named after the account "
-"they came from, prefixed with OUTLOOK-</p>"
+"_: EMAIL OF TRANSLATORS\n"
+"Your emails"
+msgstr "tsuno@ngy.1st.ne.jp"
+
+#: kmailcvt.cpp:28
+msgid "KMailCVT Import Tool"
+msgstr "KMailCVT インポートツール"
+
+#: kmailcvt.cpp:31
+msgid "Step 1: Select Filter"
+msgstr "ステップ 1: フィルタを選択"
+
+#: kmailcvt.cpp:34
+msgid "Step 2: Importing..."
+msgstr "ステップ 2: インポート..."
+
+#: kmailcvt.cpp:76
+msgid "Import in progress"
+msgstr "インポート進行中"
+
+#: kmailcvt.cpp:79
+msgid "Import finished"
+msgstr "インポート完了"
+
+#: kselfilterpage.cpp:78
+msgid "<p><i>Written by %1.</i></p>"
+msgstr "<p>作者: %1</p>"
+
+#: main.cpp:33
+msgid "KMailCVT"
+msgstr "KMailCVT"
+
+#: main.cpp:34
+msgid "KMail Import Filters"
+msgstr "KMail インポートフィルタ"
+
+#: main.cpp:35
+msgid "(c) 2000-2005, The KMailCVT developers"
+msgstr "(c) 2000-2005, The KMailCVT developers"
+
+#: main.cpp:36
+msgid "Original author"
+msgstr "オリジナルの作者"
+
+#: main.cpp:37
+msgid "Maintainer & New filters"
+msgstr "メンテナ、新しいフィルタ"
+
+#: main.cpp:38 main.cpp:39
+msgid "New GUI & cleanups"
+msgstr "新しい GUI、コードの整理"
+
+#: filter_evolution.cxx:31
+msgid "Import Evolution 1.x Local Mails and Folder Structure"
+msgstr "Evolution 1.x のローカルメールとフォルダ構造をインポート"
+
+#: filter_evolution.cxx:33
+msgid ""
+"<p><b>Evolution 1.x import filter</b></p><p>Select the base directory of "
+"Evolution's mails (usually ~/evolution/local).</p><p>Since it is possible to "
+"recreate the folder structure, the folders will be stored under: \"Evolution-"
+"Import\".</p>"
msgstr ""
-"<p>Outlook メールインポートフィルタ</p>"
-"<p>このフィルタは Outlook pst ファイルからメールをインポートします。.pst を検索して pst "
-"ファイルが保存されているフォルダを見つけてください。Windows 2000 以降では <i>C:\\Documents and Settings</i> "
-"です。</p>"
-"<p>注意: メールは元のアカウント名に OUTLOOK- というプレフィックスが付いたフォルダにインポートされます。</p>"
+"<p>Evolution 1.x インポートフィルタ</p><p>Evolution メールのベースディレクト"
+"リを選択してください (通常 ~/evolution/local)。</p><p>フォルダ構造の再現が可"
+"能なので、フォルダは \"Evolution-Import\" 以下に保存します。</p>"
#: filter_evolution.cxx:57 filter_evolution_v2.cxx:66
#: filter_kmail_maildir.cxx:57 filter_mailapp.cxx:52 filter_oe.cxx:60
@@ -45,27 +101,6 @@ msgstr ""
msgid "No directory selected."
msgstr "ディレクトリが選択されていません。"
-#: filter_opera.cxx:75 filter_outlook.cxx:45 filter_plain.cxx:51
-#: filter_pmail.cxx:61
-msgid "Counting files..."
-msgstr "ファイルを数えています..."
-
-#: filter_outlook.cxx:46
-msgid "Counting mail..."
-msgstr "メールを数えています..."
-
-#: filter_outlook.cxx:47
-msgid "Counting directories..."
-msgstr "ディレクトリを数えています..."
-
-#: filter_outlook.cxx:48
-msgid "Counting folders..."
-msgstr "フォルダを数えています..."
-
-#: filter_opera.cxx:82 filter_outlook.cxx:49 filter_plain.cxx:55
-msgid "Importing new mail files..."
-msgstr "新しいメールファイルをインポート中..."
-
#: filter_evolution.cxx:64 filter_evolution_v2.cxx:73
#: filter_kmail_maildir.cxx:64 filter_mailapp.cxx:53 filter_opera.cxx:67
#: filter_opera.cxx:152 filter_outlook.cxx:50 filter_sylpheed.cxx:63
@@ -73,6 +108,22 @@ msgstr "新しいメールファイルをインポート中..."
msgid "No files found for import."
msgstr "インポートするファイルが見つかりません。"
+#: filter_evolution.cxx:76 filter_evolution_v2.cxx:90
+#: filter_kmail_maildir.cxx:83 filter_mailapp.cxx:126 filter_mbox.cxx:132
+#: filter_opera.cxx:141 filter_plain.cxx:80 filter_pmail.cxx:79
+#: filter_sylpheed.cxx:78 filter_thebat.cxx:84 filter_thunderbird.cxx:99
+#, c-format
+msgid "Finished importing emails from %1"
+msgstr "%1 からのメールのインポートが完了しました"
+
+#: filter_evolution.cxx:124 filter_evolution_v2.cxx:160
+#: filter_kmail_maildir.cxx:128 filter_lnotes.cxx:88 filter_mailapp.cxx:62
+#: filter_mbox.cxx:54 filter_opera.cxx:87 filter_outlook.cxx:59
+#: filter_pmail.cxx:165 filter_pmail.cxx:235 filter_pmail.cxx:253
+#: filter_pmail.cxx:294 filter_thebat.cxx:151 filter_thunderbird.cxx:161
+msgid "Unable to open %1, skipping"
+msgstr "%1 を開けません。スキップします。"
+
#: filter_evolution.cxx:145 filter_mailapp.cxx:70 filter_mbox.cxx:60
#: filter_opera.cxx:89 filter_outlook.cxx:57
msgid "Importing emails from %1..."
@@ -88,37 +139,36 @@ msgid ""
"%n duplicate messages not imported"
msgstr "%n 個の重複メッセージはインポートしていません"
-#: filter_evolution.cxx:124 filter_evolution_v2.cxx:160
-#: filter_kmail_maildir.cxx:128 filter_lnotes.cxx:88 filter_mailapp.cxx:62
-#: filter_mbox.cxx:54 filter_opera.cxx:87 filter_outlook.cxx:59
-#: filter_pmail.cxx:165 filter_pmail.cxx:235 filter_pmail.cxx:253
-#: filter_pmail.cxx:294 filter_thebat.cxx:151 filter_thunderbird.cxx:161
-msgid "Unable to open %1, skipping"
-msgstr "%1 を開けません。スキップします。"
-
-#: filter_evolution.cxx:31
-msgid "Import Evolution 1.x Local Mails and Folder Structure"
-msgstr "Evolution 1.x のローカルメールとフォルダ構造をインポート"
+#: filter_evolution_v2.cxx:29
+msgid "Import Evolution 2.x Local Mails and Folder Structure"
+msgstr "Evolution 2.x のローカルメールとフォルダ構造をインポート"
-#: filter_evolution.cxx:33
+#: filter_evolution_v2.cxx:31
msgid ""
-"<p><b>Evolution 1.x import filter</b></p>"
-"<p>Select the base directory of Evolution's mails (usually "
-"~/evolution/local).</p>"
-"<p>Since it is possible to recreate the folder structure, the folders will be "
-"stored under: \"Evolution-Import\".</p>"
+"<p><b>Evolution 2.x import filter</b></p><p>Select the base directory of "
+"your local Evolution mailfolder (usually ~/.evolution/mail/local/).</"
+"p><p><b>Note:</b> Never choose a Folder which <u>does not</u> contain mbox-"
+"files (for example a maildir): if you do, you will get many new folders.</"
+"p><p>Since it is possible to recreate the folder structure, the folders will "
+"be stored under: \"Evolution-Import\".</p>"
msgstr ""
-"<p>Evolution 1.x インポートフィルタ</p>"
-"<p>Evolution メールのベースディレクトリを選択してください (通常 ~/evolution/local)。</p>"
-"<p>フォルダ構造の再現が可能なので、フォルダは \"Evolution-Import\" 以下に保存します。</p>"
+"<p>Evolution 2.x インポートフィルタ</p><p>ローカル Evolution メールフォルダの"
+"ベースディレクトリを選択してください (通常 ~/.evolution/mail/local/)。</p><p>"
+"注意: mbox ファイルを含まないフォルダ (例えば maildir) を選択しないでくださ"
+"い。選択すると、多数の新しいフォルダが作成されます。</p><p>フォルダ構造の再現"
+"が可能なので、フォルダは \"Evolution-Import\" 以下に保存します。</p>"
-#: filter_evolution.cxx:76 filter_evolution_v2.cxx:90
-#: filter_kmail_maildir.cxx:83 filter_mailapp.cxx:126 filter_mbox.cxx:132
-#: filter_opera.cxx:141 filter_plain.cxx:80 filter_pmail.cxx:79
-#: filter_sylpheed.cxx:78 filter_thebat.cxx:84 filter_thunderbird.cxx:99
-#, c-format
-msgid "Finished importing emails from %1"
-msgstr "%1 からのメールのインポートが完了しました"
+#: filter_evolution_v2.cxx:94 filter_kmail_maildir.cxx:87
+#: filter_mailapp.cxx:137 filter_mbox.cxx:138 filter_oe.cxx:102
+#: filter_opera.cxx:155 filter_plain.cxx:84 filter_sylpheed.cxx:82
+#: filter_thebat.cxx:88 filter_thunderbird.cxx:104
+msgid "Finished import, canceled by user."
+msgstr "ユーザによってキャンセルされたため、インポートを終了しました。"
+
+#: filter_evolution_v2.cxx:124 filter_thunderbird.cxx:94
+#: filter_thunderbird.cxx:129
+msgid "Start import file %1..."
+msgstr "ファイル %1 のインポート開始..."
#: filter_kmail_archive.cxx:24
msgid "Import KMail Archive File"
@@ -126,121 +176,32 @@ msgstr ""
#: filter_kmail_archive.cxx:26
msgid ""
-"<p><b>KMail Archive File Import Filter</b></p>"
-"<p>This filter will import archives files previously exported by KMail.</p>"
-"<p>Archive files contain a complete folder subtree compressed into a single "
-"file.</p>"
+"<p><b>KMail Archive File Import Filter</b></p><p>This filter will import "
+"archives files previously exported by KMail.</p><p>Archive files contain a "
+"complete folder subtree compressed into a single file.</p>"
msgstr ""
-#: filter_pmail.cxx:31
-msgid "Import Folders From Pegasus-Mail"
-msgstr "Pegasus-Mail からフォルダをインポート"
-
-#: filter_pmail.cxx:33
-msgid ""
-"<p>Select the Pegasus-Mail directory on your system (containing *.CNM, *.PMM "
-"and *.MBX files). On many systems this is stored in C:\\pmail\\mail or "
-"C:\\pmail\\mail\\admin</p>"
-"<p><b>Note:</b> Since it is possible to recreate the folder structure, the "
-"folders will be stored under: \"PegasusMail-Import\".</p>"
-msgstr ""
-"<p>システムの Pegasus-Mail ディレクトリ (*.CNM, *.PMM, *.MBX ファイルを含む) "
-"を選択してください。多くのシステムではこれは C:\\PMail\\mail または C:\\pmail\\mail\\admin にあります。</p> "
-"<p>注意: フォルダ構造の再現が可能なので、フォルダは \"PegasusMail-Import\" 以下に保存します。</p>"
-
-#: filter_pmail.cxx:69
-msgid ""
-"Cannot parse the folder structure; continuing import without subfolder support."
-msgstr "フォルダ構造を解析できません。サブフォルダのサポートなしでインポートを続けます。"
-
-#: filter_pmail.cxx:72
-msgid "Importing new mail files ('.cnm')..."
-msgstr "新規メールファイル (.cnm) をインポート中 ..."
-
-#: filter_pmail.cxx:74
-msgid "Importing mail folders ('.pmm')..."
-msgstr "メールフォルダ (.pmm) をインポート中 ..."
-
-#: filter_pmail.cxx:76
-msgid "Importing 'UNIX' mail folders ('.mbx')..."
-msgstr "UNIX メールフォルダ (.mbx) をインポート中..."
-
-#: filter_pmail.cxx:175 filter_pmail.cxx:255
-#, c-format
-msgid "Importing %1"
-msgstr "%1 をインポート"
-
-#: filter_lnotes.cxx:109 filter_pmail.cxx:279
-#, c-format
-msgid "Message %1"
-msgstr "メッセージ %1"
-
-#: filter_pmail.cxx:290
-msgid "Parsing the folder structure..."
-msgstr "フォルダ構造を解析中..."
-
-#: kselfilterpage.cpp:78
-msgid "<p><i>Written by %1.</i></p>"
-msgstr "<p>作者: %1</p>"
-
-#: filter_lnotes.cxx:30
-msgid "Import Lotus Notes Emails"
-msgstr "Lotus Notes メールをインポート"
-
-#: filter_lnotes.cxx:32
-msgid ""
-"<p><b>Lotus Notes Structured Text mail import filter</b></p>"
-"<p>This filter will import Structured Text files from an exported Lotus Notes "
-"email client into KMail. Use this filter if you want to import mails from Lotus "
-"or other mailers that use the Lotus Notes Structured Text format.</p>"
-"<p><b>Note:</b> Since it is possible to recreate the folder structure, the "
-"imported messages will be stored in subfolders under: \"LNotes-Import\", in "
-"your local folder, named using the names of the files the messages came "
-"from.</p>"
-msgstr ""
-"<p>Lotus Notes 構造化テキストメールインポートフィルタ</p>"
-"<p>このフィルタはエクスポートされた Lotus Notes メールクライアントの構造化テキストファイルを KMail にインポートします。Lotus "
-"または Lotus Notes 構造化テキストフォーマットを使用する他のメールプログラムからメールをインポートする場合は、このフィルタを使ってください。</p>"
-"<p>注意: フォルダ構造の再現が可能なので、インポートしたメッセージはローカルフォルダの \"LNotes-Import\" "
-"以下のサブフォルダに保存します。サブフォルダにはメッセージの元のファイル名を使用します。</p>"
-
-#: filter_lnotes.cxx:55
-msgid "All Files (*)"
-msgstr "すべてのファイル (*)"
-
-#: filter_lnotes.cxx:64
-#, c-format
-msgid "Importing emails from %1"
-msgstr "%1 からメールをインポート"
-
#: filter_kmail_maildir.cxx:26
msgid "Import KMail Maildirs and Folder Structure"
msgstr "KMail Maildir とフォルダ構造をインポート"
#: filter_kmail_maildir.cxx:28
msgid ""
-"<p><b>KMail import filter</b></p>"
-"<p>Select the base directory of the KMail mailfolder you want to import.</p>"
-"<p><b>Note:</b> Never select your current local KMail maildir (usually ~/Mail "
-"or ~/.trinity/share/apps/kmail/mail ): in this case, KMailCVT may become stuck "
-"in a continuous loop. </p>"
-"<p>This filter does not import KMail mailfolders with mbox files.</p>"
-"<p>Since it is possible to recreate the folder structure, the folders will be "
-"stored under: \"KMail-Import\" in your local folder.</p>"
+"<p><b>KMail import filter</b></p><p>Select the base directory of the KMail "
+"mailfolder you want to import.</p><p><b>Note:</b> Never select your current "
+"local KMail maildir (usually ~/Mail or ~/.trinity/share/apps/kmail/mail ): "
+"in this case, KMailCVT may become stuck in a continuous loop. </p><p>This "
+"filter does not import KMail mailfolders with mbox files.</p><p>Since it is "
+"possible to recreate the folder structure, the folders will be stored under: "
+"\"KMail-Import\" in your local folder.</p>"
msgstr ""
-"<p>KMail インポートフィルタ</p>"
-"<p>インポートする KMail メールフォルダのベースディレクトリを選択してください。</p>"
-"<p>注意: 現在のローカル KMail maildir (通常 ~/Mail または ~/.trinity/share/apps/kmail/mail) "
-"は選択しないでください。選択すると、KMailCVT が無限ループに陥る可能性があります。</p>"
-"<p>このフィルタは mbox ファイルの KMail メールフォルダはインポートしません。</p>"
-"<p>フォルダ構造の再現が可能なので、フォルダはローカルフォルダの \"KMail-Import\" 以下に保存します。</p>"
-
-#: filter_evolution_v2.cxx:94 filter_kmail_maildir.cxx:87
-#: filter_mailapp.cxx:137 filter_mbox.cxx:138 filter_oe.cxx:102
-#: filter_opera.cxx:155 filter_plain.cxx:84 filter_sylpheed.cxx:82
-#: filter_thebat.cxx:88 filter_thunderbird.cxx:104
-msgid "Finished import, canceled by user."
-msgstr "ユーザによってキャンセルされたため、インポートを終了しました。"
+"<p>KMail インポートフィルタ</p><p>インポートする KMail メールフォルダのベース"
+"ディレクトリを選択してください。</p><p>注意: 現在のローカル KMail maildir (通"
+"常 ~/Mail または ~/.trinity/share/apps/kmail/mail) は選択しないでください。選"
+"択すると、KMailCVT が無限ループに陥る可能性があります。</p><p>このフィルタは "
+"mbox ファイルの KMail メールフォルダはインポートしません。</p><p>フォルダ構造"
+"の再現が可能なので、フォルダはローカルフォルダの \"KMail-Import\" 以下に保存"
+"します。</p>"
#: filter_kmail_maildir.cxx:196 filter_sylpheed.cxx:140 filter_thebat.cxx:199
msgid "Import folder %1..."
@@ -253,179 +214,41 @@ msgstr "フォルダ %1 をインポート..."
msgid "Could not import %1"
msgstr "%1 をインポートできませんでした"
-#: filter_thunderbird.cxx:28
-msgid "Import Thunderbird/Mozilla Local Mails and Folder Structure"
-msgstr "Thunderbird/Mozilla のローカルメールとフォルダ構造をインポート"
-
-#: filter_thunderbird.cxx:30
-msgid ""
-"<p><b>Thunderbird/Mozilla import filter</b></p>"
-"<p>Select your base Thunderbird/Mozilla mailfolder (usually "
-"~/.thunderbird/*.default/Mail/Local Folders/).</p>"
-"<p><b>Note:</b> Never choose a Folder which <u>does not</u> "
-"contain mbox-files (for example, a maildir): if you do, you will get many new "
-"folders.</p>"
-"<p>Since it is possible to recreate the folder structure, the folders will be "
-"stored under: \"Thunderbird-Import\".</p>"
-msgstr ""
-"<p>Thunderbird/Mozilla インポートフィルタ</p>"
-"<p>Thinderbird/Mozilla のベースメールフォルダを選択してください (通常 "
-"~/.thunderbird/*.default/Mail/Local Folders/)。</p>"
-"<p>注意: mbox ファイルを含まないフォルダ (例えば maildir) を選択しないでください。選択すると、多数の新規フォルダが作成されます。</p>"
-"<p>フォルダ構造の再現が可能なので、フォルダは \"Thunderbird-Import\" 以下に保存します。</p>"
-
-#: filter_evolution_v2.cxx:124 filter_thunderbird.cxx:94
-#: filter_thunderbird.cxx:129
-msgid "Start import file %1..."
-msgstr "ファイル %1 のインポート開始..."
-
-#: filter_opera.cxx:28
-msgid "Import Opera Emails"
-msgstr "Opera メールをインポート"
-
-#: filter_opera.cxx:30
-msgid ""
-"<p><b>Opera email import filter</b></p>"
-"<p>This filter will import mails from Opera mail folder. Use this filter if you "
-"want to import all mails within a account in the Opera maildir.</p>"
-"<p>Select the directory of the account (usually "
-"~/.opera/mail/store/account*).</p>"
-"<p><b>Note:</b> Emails will be imported into a folder named after the account "
-"they came from, prefixed with OPERA-</p>"
-msgstr ""
-"<p>Opera メールインポートフィルタ</p>\n"
-"<p>このフィルタは Opera メールフォルダからメールをインポートします。Opera maidlir "
-"のひとつのアカウントのすべてのメールをインポートする場合は、これを使ってください。</p>"
-"<p>アカウントのディレクトリを選択してください (通常 ~/.opera/mail/store/account*)。</p>"
-"<p>注意: メールは元のアカウント名に OPERA- というプレフィックスが付いたフォルダにインポートされます。</p>"
-
-#: filter_evolution_v2.cxx:29
-msgid "Import Evolution 2.x Local Mails and Folder Structure"
-msgstr "Evolution 2.x のローカルメールとフォルダ構造をインポート"
-
-#: filter_evolution_v2.cxx:31
-msgid ""
-"<p><b>Evolution 2.x import filter</b></p>"
-"<p>Select the base directory of your local Evolution mailfolder (usually "
-"~/.evolution/mail/local/).</p>"
-"<p><b>Note:</b> Never choose a Folder which <u>does not</u> "
-"contain mbox-files (for example a maildir): if you do, you will get many new "
-"folders.</p>"
-"<p>Since it is possible to recreate the folder structure, the folders will be "
-"stored under: \"Evolution-Import\".</p>"
-msgstr ""
-"<p>Evolution 2.x インポートフィルタ</p>"
-"<p>ローカル Evolution メールフォルダのベースディレクトリを選択してください (通常 ~/.evolution/mail/local/)。</p>"
-"<p>注意: mbox ファイルを含まないフォルダ (例えば maildir) を選択しないでください。選択すると、多数の新しいフォルダが作成されます。</p>"
-"<p>フォルダ構造の再現が可能なので、フォルダは \"Evolution-Import\" 以下に保存します。</p>"
-
-#. i18n: file kimportpagedlg.ui line 91
-#: rc.cpp:3
-#, no-c-format
-msgid "From:"
-msgstr "From:"
-
-#. i18n: file kimportpagedlg.ui line 99
-#: rc.cpp:6
-#, no-c-format
-msgid "To:"
-msgstr "To:"
-
-#. i18n: file kimportpagedlg.ui line 107
-#: rc.cpp:9
-#, no-c-format
-msgid "Current:"
-msgstr "現在:"
-
-#. i18n: file kimportpagedlg.ui line 115
-#: rc.cpp:12
-#, no-c-format
-msgid "Importing in progress..."
-msgstr "インポート進行中..."
-
-#. i18n: file kimportpagedlg.ui line 134
-#: rc.cpp:15 rc.cpp:18 rc.cpp:24
-#, no-c-format
-msgid "..."
-msgstr "..."
-
-#. i18n: file kimportpagedlg.ui line 158
-#: rc.cpp:21
-#, no-c-format
-msgid "Total:"
-msgstr "合計:"
-
-#. i18n: file kimportpagedlg.ui line 199
-#: rc.cpp:27
-#, no-c-format
-msgid "Click 'Back' to import more emails or contacts"
-msgstr "他のメールや連絡先をインポートするには「前」をクリックしてください。"
+#: filter_lnotes.cxx:30
+msgid "Import Lotus Notes Emails"
+msgstr "Lotus Notes メールをインポート"
-#. i18n: file kselfilterpagedlg.ui line 94
-#: rc.cpp:30
-#, no-c-format
+#: filter_lnotes.cxx:32
msgid ""
-"<b>Welcome to KMailCVT - The KMail Import Tool</b>\n"
-"<br>"
-"<br>\n"
-"This program will help you import your email from your previous email program "
-"into KMail."
-"<br>"
-"<br>"
-"<br>"
-"<br>\n"
-" Please select the program you would like to import from, then click 'Next'."
+"<p><b>Lotus Notes Structured Text mail import filter</b></p><p>This filter "
+"will import Structured Text files from an exported Lotus Notes email client "
+"into KMail. Use this filter if you want to import mails from Lotus or other "
+"mailers that use the Lotus Notes Structured Text format.</p><p><b>Note:</b> "
+"Since it is possible to recreate the folder structure, the imported messages "
+"will be stored in subfolders under: \"LNotes-Import\", in your local folder, "
+"named using the names of the files the messages came from.</p>"
msgstr ""
-"<qt>KMailCVT - KMail インポートツール へようこそ"
-"<br>"
-"<br>このプログラムは以前に使用していたメールプログラムから KMail にメールをインポートするお手伝いをします。"
-"<br>"
-"<br>"
-"<br>"
-"<br>\n"
-"移行するメールプログラムを選択し「次」をクリックしてください。"
-
-#. i18n: file kselfilterpagedlg.ui line 133
-#: rc.cpp:36
-#, no-c-format
-msgid "Remove &duplicate messages during import"
-msgstr "インポート中に重複メッセージを削除する(&D)"
-
-#: main.cpp:33
-msgid "KMailCVT"
-msgstr "KMailCVT"
+"<p>Lotus Notes 構造化テキストメールインポートフィルタ</p><p>このフィルタはエ"
+"クスポートされた Lotus Notes メールクライアントの構造化テキストファイルを "
+"KMail にインポートします。Lotus または Lotus Notes 構造化テキストフォーマット"
+"を使用する他のメールプログラムからメールをインポートする場合は、このフィルタ"
+"を使ってください。</p><p>注意: フォルダ構造の再現が可能なので、インポートした"
+"メッセージはローカルフォルダの \"LNotes-Import\" 以下のサブフォルダに保存しま"
+"す。サブフォルダにはメッセージの元のファイル名を使用します。</p>"
-#: main.cpp:34
-msgid "KMail Import Filters"
-msgstr "KMail インポートフィルタ"
-
-#: main.cpp:35
-msgid "(c) 2000-2005, The KMailCVT developers"
-msgstr "(c) 2000-2005, The KMailCVT developers"
-
-#: main.cpp:36
-msgid "Original author"
-msgstr "オリジナルの作者"
-
-#: main.cpp:37
-msgid "Maintainer & New filters"
-msgstr "メンテナ、新しいフィルタ"
-
-#: main.cpp:38 main.cpp:39
-msgid "New GUI & cleanups"
-msgstr "新しい GUI、コードの整理"
+#: filter_lnotes.cxx:55
+msgid "All Files (*)"
+msgstr "すべてのファイル (*)"
-#: _translatorinfo.cpp:1
-msgid ""
-"_: NAME OF TRANSLATORS\n"
-"Your names"
-msgstr "Shinichi Tsunoda"
+#: filter_lnotes.cxx:64
+#, c-format
+msgid "Importing emails from %1"
+msgstr "%1 からメールをインポート"
-#: _translatorinfo.cpp:3
-msgid ""
-"_: EMAIL OF TRANSLATORS\n"
-"Your emails"
-msgstr "tsuno@ngy.1st.ne.jp"
+#: filter_lnotes.cxx:109 filter_pmail.cxx:279
+#, c-format
+msgid "Message %1"
+msgstr "メッセージ %1"
#: filter_mailapp.cxx:32
msgid "Import From OS X Mail"
@@ -433,11 +256,11 @@ msgstr "OS X Mail からインポート"
#: filter_mailapp.cxx:34
msgid ""
-"<p><b>OS X Mail Import Filter</b></p>"
-"<p>This filter imports e-mails from the Mail client in Apple Mac OS X.</p>"
+"<p><b>OS X Mail Import Filter</b></p><p>This filter imports e-mails from the "
+"Mail client in Apple Mac OS X.</p>"
msgstr ""
-"<p>OS X Mail インポートフィルタ</p>"
-"<p>このフィルタは Apple Mac OS X メールクライアントからメールをインポートします。</p>"
+"<p>OS X Mail インポートフィルタ</p><p>このフィルタは Apple Mac OS X メールク"
+"ライアントからメールをインポートします。</p>"
#: filter_mailapp.cxx:129 filter_mbox.cxx:135
msgid ""
@@ -445,25 +268,27 @@ msgid ""
"%n duplicate messages not imported to folder %1 in KMail"
msgstr "%n 個の重複メッセージは KMail のフォルダ %1 にインポートしていません"
-#: kmailcvt.cpp:28
-msgid "KMailCVT Import Tool"
-msgstr "KMailCVT インポートツール"
-
-#: kmailcvt.cpp:31
-msgid "Step 1: Select Filter"
-msgstr "ステップ 1: フィルタを選択"
-
-#: kmailcvt.cpp:34
-msgid "Step 2: Importing..."
-msgstr "ステップ 2: インポート..."
+#: filter_mbox.cxx:28
+msgid "Import mbox Files (UNIX, Evolution)"
+msgstr "mbox ファイルをインポート (UNIX, Evolution)"
-#: kmailcvt.cpp:76
-msgid "Import in progress"
-msgstr "インポート進行中"
+#: filter_mbox.cxx:30
+msgid ""
+"<p><b>mbox import filter</b></p><p>This filter will import mbox files into "
+"KMail. Use this filter if you want to import mails from Ximian Evolution or "
+"other mailers that use this traditional UNIX format.</p><p><b>Note:</b> "
+"Emails will be imported into folders named after the file they came from, "
+"prefixed with MBOX-</p>"
+msgstr ""
+"<p>mbox インポートフィルタ</p><p>このフィルタは mbox ファイルを KMail にイン"
+"ポートします。Ximian Evolution あるいはこの伝統的な UNIX フォーマットを使用す"
+"る他のメールプログラムからメールをインポートする場合は、これを使ってくださ"
+"い。</p><p>注意: メールは元のファイル名に MBOX- というプレフィックスが付いた"
+"フォルダにインポートされます。</p> "
-#: kmailcvt.cpp:79
-msgid "Import finished"
-msgstr "インポート完了"
+#: filter_mbox.cxx:48
+msgid "mbox Files (*)"
+msgstr "mbox ファイル (*)"
#: filter_oe.cxx:40
msgid "Import Outlook Express Emails"
@@ -471,28 +296,26 @@ msgstr "Outlook Express メールをインポート"
#: filter_oe.cxx:42
msgid ""
-"<p><b>Outlook Express 4/5/6 import filter</b></p>"
-"<p>You will need to locate the folder where the mailbox has been stored by "
-"searching for .dbx or .mbx files under "
-"<ul>"
-"<li><i>C:\\Windows\\Application Data</i> in Windows 9x"
-"<li><i>Documents and Settings</i> in Windows 2000 or later</ul></p>"
-"<p><b>Note:</b> Since it is possible to recreate the folder structure, the "
+"<p><b>Outlook Express 4/5/6 import filter</b></p><p>You will need to locate "
+"the folder where the mailbox has been stored by searching for .dbx or .mbx "
+"files under <ul><li><i>C:\\Windows\\Application Data</i> in Windows "
+"9x<li><i>Documents and Settings</i> in Windows 2000 or later</ul></"
+"p><p><b>Note:</b> Since it is possible to recreate the folder structure, the "
"folders from Outlook Express 5 and 6 will be stored under: \"OE-Import\" in "
"your local folder.</p>"
msgstr ""
-"<p>Outlook Express 4/5/6 インポートフィルタ</p>"
-"<p>.dbx または .mbx ファイルを検索して、メールボックスが保存されているフォルダの場所を見つけてください。</p>"
-"<ul>"
-"<li>Windows 9x では <i>C:\\Windows\\Application Data</i>"
-"<li>Windows 2000 以降では <i>Documents and Settings</i></ul></p>"
-"<p>注意: フォルダ構造の再現が可能なので、Outlook Express 5 と 6 からのフォルダはローカルフォルダの \"OE-Import\" "
-"以下に保存します。</p>"
+"<p>Outlook Express 4/5/6 インポートフィルタ</p><p>.dbx または .mbx ファイルを"
+"検索して、メールボックスが保存されているフォルダの場所を見つけてください。</"
+"p><ul><li>Windows 9x では <i>C:\\Windows\\Application Data</i><li>Windows "
+"2000 以降では <i>Documents and Settings</i></ul></p><p>注意: フォルダ構造の再"
+"現が可能なので、Outlook Express 5 と 6 からのフォルダはローカルフォルダの "
+"\"OE-Import\" 以下に保存します。</p>"
#: filter_oe.cxx:67
#, c-format
msgid "No Outlook Express mailboxes found in directory %1."
-msgstr "ディレクトリ %1 に Outlook Express メールボックスが見つかりませんでした。"
+msgstr ""
+"ディレクトリ %1 に Outlook Express メールボックスが見つかりませんでした。"
#: filter_oe.cxx:82
msgid "Import folder structure..."
@@ -522,30 +345,193 @@ msgstr "OE5+ メールボックス %1 をインポート"
msgid "Importing OE5+ Folder file %1"
msgstr "OE5+ フォルダファイル %1 をインポート"
+#: filter_opera.cxx:28
+msgid "Import Opera Emails"
+msgstr "Opera メールをインポート"
+
+#: filter_opera.cxx:30
+msgid ""
+"<p><b>Opera email import filter</b></p><p>This filter will import mails from "
+"Opera mail folder. Use this filter if you want to import all mails within a "
+"account in the Opera maildir.</p><p>Select the directory of the account "
+"(usually ~/.opera/mail/store/account*).</p><p><b>Note:</b> Emails will be "
+"imported into a folder named after the account they came from, prefixed with "
+"OPERA-</p>"
+msgstr ""
+"<p>Opera メールインポートフィルタ</p>\n"
+"<p>このフィルタは Opera メールフォルダからメールをインポートします。Opera "
+"maidlir のひとつのアカウントのすべてのメールをインポートする場合は、これを"
+"使ってください。</p><p>アカウントのディレクトリを選択してください (通常 ~/."
+"opera/mail/store/account*)。</p><p>注意: メールは元のアカウント名に OPERA- と"
+"いうプレフィックスが付いたフォルダにインポートされます。</p>"
+
+#: filter_opera.cxx:75 filter_outlook.cxx:45 filter_plain.cxx:51
+#: filter_pmail.cxx:61
+msgid "Counting files..."
+msgstr "ファイルを数えています..."
+
+#: filter_opera.cxx:82 filter_outlook.cxx:49 filter_plain.cxx:55
+msgid "Importing new mail files..."
+msgstr "新しいメールファイルをインポート中..."
+
+#: filter_outlook.cxx:28
+msgid "Import Outlook Emails"
+msgstr "Outlook メールをインポート"
+
+#: filter_outlook.cxx:30
+msgid ""
+"<p><b>Outlook email import filter</b></p><p>This filter will import mails "
+"from a Outlook pst-file. You will need to locate the folder where the pst-"
+"file has been stored by searching for .pst files under: <i>C:\\Documents and "
+"Settings</i> in Windows 2000 or later</p><p><b>Note:</b> Emails will be "
+"imported into a folder named after the account they came from, prefixed with "
+"OUTLOOK-</p>"
+msgstr ""
+"<p>Outlook メールインポートフィルタ</p><p>このフィルタは Outlook pst ファイル"
+"からメールをインポートします。.pst を検索して pst ファイルが保存されている"
+"フォルダを見つけてください。Windows 2000 以降では <i>C:\\Documents and "
+"Settings</i> です。</p><p>注意: メールは元のアカウント名に OUTLOOK- というプ"
+"レフィックスが付いたフォルダにインポートされます。</p>"
+
+#: filter_outlook.cxx:46
+msgid "Counting mail..."
+msgstr "メールを数えています..."
+
+#: filter_outlook.cxx:47
+msgid "Counting directories..."
+msgstr "ディレクトリを数えています..."
+
+#: filter_outlook.cxx:48
+msgid "Counting folders..."
+msgstr "フォルダを数えています..."
+
+#: filter_plain.cxx:27
+msgid "Import Plain Text Emails"
+msgstr "プレーンテキストのEメールをインポート"
+
+#: filter_plain.cxx:29
+msgid ""
+"<p>Select the directory containing the emails on your system. The emails are "
+"placed in a folder with the same name as the directory they were in, "
+"prefixed by PLAIN-</p><p>This filter will import all .msg, .eml and .txt "
+"emails.</p>"
+msgstr ""
+"<p>システム上のメールが含まれるディレクトリを選択してください。メールは元の"
+"ディレクトリ名に PLAIN- というプレフィックスがいたディレクトリに置かれます。"
+"</p> <p>このフィルタはすべての .msg, .eml および .txt メールをインポートしま"
+"す。</p>"
+
+#: filter_pmail.cxx:31
+msgid "Import Folders From Pegasus-Mail"
+msgstr "Pegasus-Mail からフォルダをインポート"
+
+#: filter_pmail.cxx:33
+msgid ""
+"<p>Select the Pegasus-Mail directory on your system (containing *.CNM, *.PMM "
+"and *.MBX files). On many systems this is stored in C:\\pmail\\mail or C:"
+"\\pmail\\mail\\admin</p><p><b>Note:</b> Since it is possible to recreate the "
+"folder structure, the folders will be stored under: \"PegasusMail-Import\".</"
+"p>"
+msgstr ""
+"<p>システムの Pegasus-Mail ディレクトリ (*.CNM, *.PMM, *.MBX ファイルを含む) "
+"を選択してください。多くのシステムではこれは C:\\PMail\\mail または C:\\pmail"
+"\\mail\\admin にあります。</p> <p>注意: フォルダ構造の再現が可能なので、フォ"
+"ルダは \"PegasusMail-Import\" 以下に保存します。</p>"
+
+#: filter_pmail.cxx:69
+msgid ""
+"Cannot parse the folder structure; continuing import without subfolder "
+"support."
+msgstr ""
+"フォルダ構造を解析できません。サブフォルダのサポートなしでインポートを続けま"
+"す。"
+
+#: filter_pmail.cxx:72
+msgid "Importing new mail files ('.cnm')..."
+msgstr "新規メールファイル (.cnm) をインポート中 ..."
+
+#: filter_pmail.cxx:74
+msgid "Importing mail folders ('.pmm')..."
+msgstr "メールフォルダ (.pmm) をインポート中 ..."
+
+#: filter_pmail.cxx:76
+msgid "Importing 'UNIX' mail folders ('.mbx')..."
+msgstr "UNIX メールフォルダ (.mbx) をインポート中..."
+
+#: filter_pmail.cxx:175 filter_pmail.cxx:255
+#, c-format
+msgid "Importing %1"
+msgstr "%1 をインポート"
+
+#: filter_pmail.cxx:290
+msgid "Parsing the folder structure..."
+msgstr "フォルダ構造を解析中..."
+
#: filter_sylpheed.cxx:27
msgid "Import Sylpheed Maildirs and Folder Structure"
msgstr "Sylpheed メールディレクトリとフォルダ構造をインポート"
#: filter_sylpheed.cxx:29
msgid ""
-"<p><b>Sylpheed import filter</b></p>"
-"<p>Select the base directory of the Sylpheed mailfolder you want to import "
-"(usually: ~/Mail ).</p>"
-"<p>Since it is possible to recreate the folder structure, the folders will be "
-"stored under: \"Sylpheed-Import\" in your local folder.</p>"
-"<p>This filter also recreates the status of message, e.g. new or forwarded."
+"<p><b>Sylpheed import filter</b></p><p>Select the base directory of the "
+"Sylpheed mailfolder you want to import (usually: ~/Mail ).</p><p>Since it is "
+"possible to recreate the folder structure, the folders will be stored under: "
+"\"Sylpheed-Import\" in your local folder.</p><p>This filter also recreates "
+"the status of message, e.g. new or forwarded."
msgstr ""
-"<p>Sylpheed インポートフィルタ</p>"
-"<p>インポートする Sylpheed メールフォルダのベースディレクトリを選択してください (通常 ~/Mail)。</p>"
-"<p>フォルダ構造の再現が可能なので、フォルダはローカルフォルダの \"Sylpheed-Import\" 以下に保存します。</p>"
-"<p>このフィルタはメッセージのステータス (新規、転送済みなど) も再現します。"
+"<p>Sylpheed インポートフィルタ</p><p>インポートする Sylpheed メールフォルダの"
+"ベースディレクトリを選択してください (通常 ~/Mail)。</p><p>フォルダ構造の再現"
+"が可能なので、フォルダはローカルフォルダの \"Sylpheed-Import\" 以下に保存しま"
+"す。</p><p>このフィルタはメッセージのステータス (新規、転送済みなど) も再現し"
+"ます。"
+
+#: filter_thebat.cxx:33
+msgid "Import The Bat! Mails and Folder Structure"
+msgstr "Bat! のメールとフォルダ構造をインポート"
+
+#: filter_thebat.cxx:35
+msgid ""
+"<p><b>The Bat! import filter</b></p><p>Select the base directory of the 'The "
+"Bat!' local mailfolder you want to import.</p><p><b>Note:</b> This filter "
+"imports the *.tbb-files from 'The Bat!' local folder, e.g. from POP "
+"accounts, and not from IMAP/DIMAP accounts.</p><p>Since it is possible to "
+"recreate the folder structure, the folders will be stored under: \"TheBat-"
+"Import\" in your local account.</p>"
+msgstr ""
+"<p>Bat! インポートフィルタ</p><p>インポートする 'The Bat!' ローカルメールフォ"
+"ルダのベースディレクトリを選択してください。</p><p>注意: このフィルタは 'The "
+"Bat!' ローカルフォルダ から *.tbb ファイルをインポートします。つまり、IMAP/"
+"DIMAP アカウントからではなく POP アカウントからインポートします。</p><p>フォ"
+"ルダ構造の再現が可能なので、フォルダはローカルアカウントの \"TheBat-Import\" "
+"以下に保存します。</p>"
+
+#: filter_thunderbird.cxx:28
+msgid "Import Thunderbird/Mozilla Local Mails and Folder Structure"
+msgstr "Thunderbird/Mozilla のローカルメールとフォルダ構造をインポート"
+
+#: filter_thunderbird.cxx:30
+msgid ""
+"<p><b>Thunderbird/Mozilla import filter</b></p><p>Select your base "
+"Thunderbird/Mozilla mailfolder (usually ~/.thunderbird/*.default/Mail/Local "
+"Folders/).</p><p><b>Note:</b> Never choose a Folder which <u>does not</u> "
+"contain mbox-files (for example, a maildir): if you do, you will get many "
+"new folders.</p><p>Since it is possible to recreate the folder structure, "
+"the folders will be stored under: \"Thunderbird-Import\".</p>"
+msgstr ""
+"<p>Thunderbird/Mozilla インポートフィルタ</p><p>Thinderbird/Mozilla のベース"
+"メールフォルダを選択してください (通常 ~/.thunderbird/*.default/Mail/Local "
+"Folders/)。</p><p>注意: mbox ファイルを含まないフォルダ (例えば maildir) を選"
+"択しないでください。選択すると、多数の新規フォルダが作成されます。</p><p>フォ"
+"ルダ構造の再現が可能なので、フォルダは \"Thunderbird-Import\" 以下に保存しま"
+"す。</p>"
#: filters.cxx:145 filters.cxx:180 filters.cxx:208
msgid ""
-"<b>Fatal:</b> Unable to start KMail for DCOP communication. Make sure <i>"
-"kmail</i> is installed."
+"<b>Fatal:</b> Unable to start KMail for DCOP communication. Make sure "
+"<i>kmail</i> is installed."
msgstr ""
-"<b>致命的:</b> DCOP 通信用に KMail を開始できませんでした。<i>kmail</i> がインストールされているか確認してください。"
+"<b>致命的:</b> DCOP 通信用に KMail を開始できませんでした。<i>kmail</i> がイ"
+"ンストールされているか確認してください。"
#: filters.cxx:153 filters.cxx:188
msgid "Cannot make folder %1 in KMail"
@@ -559,59 +545,56 @@ msgstr "KMail のフォルダ %1 にメッセージを追加できません"
msgid "Error while adding message to folder %1 in KMail"
msgstr "KMail のフォルダ %1 へのメッセージの追加中にエラー発生"
-#: filter_plain.cxx:27
-msgid "Import Plain Text Emails"
-msgstr "プレーンテキストのEメールをインポート"
+#: kimportpagedlg.ui:91
+#, no-c-format
+msgid "From:"
+msgstr "From:"
-#: filter_plain.cxx:29
-msgid ""
-"<p>Select the directory containing the emails on your system. The emails are "
-"placed in a folder with the same name as the directory they were in, prefixed "
-"by PLAIN-</p>"
-"<p>This filter will import all .msg, .eml and .txt emails.</p>"
-msgstr ""
-"<p>システム上のメールが含まれるディレクトリを選択してください。メールは元のディレクトリ名に PLAIN- "
-"というプレフィックスがいたディレクトリに置かれます。</p> "
-"<p>このフィルタはすべての .msg, .eml および .txt メールをインポートします。</p>"
+#: kimportpagedlg.ui:99
+#, no-c-format
+msgid "To:"
+msgstr "To:"
-#: filter_mbox.cxx:28
-msgid "Import mbox Files (UNIX, Evolution)"
-msgstr "mbox ファイルをインポート (UNIX, Evolution)"
+#: kimportpagedlg.ui:107
+#, no-c-format
+msgid "Current:"
+msgstr "現在:"
-#: filter_mbox.cxx:30
-msgid ""
-"<p><b>mbox import filter</b></p>"
-"<p>This filter will import mbox files into KMail. Use this filter if you want "
-"to import mails from Ximian Evolution or other mailers that use this "
-"traditional UNIX format.</p>"
-"<p><b>Note:</b> Emails will be imported into folders named after the file they "
-"came from, prefixed with MBOX-</p>"
-msgstr ""
-"<p>mbox インポートフィルタ</p>"
-"<p>このフィルタは mbox ファイルを KMail にインポートします。Ximian Evolution あるいはこの伝統的な UNIX "
-"フォーマットを使用する他のメールプログラムからメールをインポートする場合は、これを使ってください。</p>"
-"<p>注意: メールは元のファイル名に MBOX- というプレフィックスが付いたフォルダにインポートされます。</p> "
+#: kimportpagedlg.ui:115
+#, no-c-format
+msgid "Importing in progress..."
+msgstr "インポート進行中..."
-#: filter_mbox.cxx:48
-msgid "mbox Files (*)"
-msgstr "mbox ファイル (*)"
+#: kimportpagedlg.ui:134 kimportpagedlg.ui:150 kimportpagedlg.ui:174
+#, no-c-format
+msgid "..."
+msgstr "..."
-#: filter_thebat.cxx:33
-msgid "Import The Bat! Mails and Folder Structure"
-msgstr "Bat! のメールとフォルダ構造をインポート"
+#: kimportpagedlg.ui:158
+#, no-c-format
+msgid "Total:"
+msgstr "合計:"
-#: filter_thebat.cxx:35
+#: kimportpagedlg.ui:199
+#, no-c-format
+msgid "Click 'Back' to import more emails or contacts"
+msgstr "他のメールや連絡先をインポートするには「前」をクリックしてください。"
+
+#: kselfilterpagedlg.ui:91
+#, no-c-format
msgid ""
-"<p><b>The Bat! import filter</b></p>"
-"<p>Select the base directory of the 'The Bat!' local mailfolder you want to "
-"import.</p>"
-"<p><b>Note:</b> This filter imports the *.tbb-files from 'The Bat!' local "
-"folder, e.g. from POP accounts, and not from IMAP/DIMAP accounts.</p>"
-"<p>Since it is possible to recreate the folder structure, the folders will be "
-"stored under: \"TheBat-Import\" in your local account.</p>"
+"<b>Welcome to KMailCVT - The KMail Import Tool</b>\n"
+"<br><br>\n"
+"This program will help you import your email from your previous email "
+"program into KMail.<br><br><br><br>\n"
+" Please select the program you would like to import from, then click 'Next'."
msgstr ""
-"<p>Bat! インポートフィルタ</p>"
-"<p>インポートする 'The Bat!' ローカルメールフォルダのベースディレクトリを選択してください。</p>"
-"<p>注意: このフィルタは 'The Bat!' ローカルフォルダ から *.tbb ファイルをインポートします。つまり、IMAP/DIMAP "
-"アカウントからではなく POP アカウントからインポートします。</p>"
-"<p>フォルダ構造の再現が可能なので、フォルダはローカルアカウントの \"TheBat-Import\" 以下に保存します。</p>"
+"<qt>KMailCVT - KMail インポートツール へようこそ<br><br>このプログラムは以前"
+"に使用していたメールプログラムから KMail にメールをインポートするお手伝いをし"
+"ます。<br><br><br><br>\n"
+"移行するメールプログラムを選択し「次」をクリックしてください。"
+
+#: kselfilterpagedlg.ui:133
+#, no-c-format
+msgid "Remove &duplicate messages during import"
+msgstr "インポート中に重複メッセージを削除する(&D)"